【新発売】feel coral サンプロテクトミルクでサンゴと肌を守ろう

レビュー

本記事は広告が含まれています

環境にやさしい日焼け止めをお探しの方に朗報です。

2023年9月に新しくサンゴにやさしい日焼け止めがデビュー!それが、feel coral サンプロテクトミルクです。

feel coral サンプロテクトミルクは、日焼け止めの法律で最も厳しいパラオでも使えるとのこと。

なので、もちろんハワイでも使用OK!世界中で使える安心な日焼け止めです。

まだ発売して新しく、ネット上のレビューも少ないため、気になるけど「どんな感じだろう?」と思っている方に向けて記事にしました。

これを読めば、feel coral サンプロテクトミルクがどんな日焼け止めがよくわかるはず。

これからの季節に新しい日焼け止めをお探しの方は、ご一読のうえ参考にしていただけたら嬉しいです。

本記事で紹介する商品

feel coral サンプロテクトミルク外観

feel coral サンプロテクトミルク

ハリウッド株式会社

発売:2023年9月

価格:4,180円(税込)

スペック&特徴を紹介

商品名feel coral サンプロテクトミルク
分類日焼け止め
容量48ml
SPF・PASPF43 PA+++
感触結構さらさらしたミルクタイプ
べたつき感なし
においほぼなし
明るいベージュ
使用後の肌の状態しっかり密着しベタつかない
ツヤが出る

feel coral サンプロテクトミルクは、2023年10月にハリウッドから発売した新しい日焼け止めです。

Ben
Ben

パッケージデザインかわいい!

持ってるだけでもテンション上がるね♪

パッケージにも記載してあるとおり、環境やサンゴにやさしい日焼け止め

最近少しずつ環境に配慮した日焼け止めが増えてきてうれしいですね。

日焼け止めの基準で、世界一厳しいパラオでも使えるというfeel coral サンプロテクトミルク。

また、サスティナブルコスメアワード2023で審査員賞を受賞しました。

それでは、使ってみた感想を詳しくご紹介していきます。

私が思ったGoodポイント

実際に顔に使ってみた印象がこちら。

個人的なGoodポイント
  • 日焼け止めの乾燥する感じゼロ
  • クマやシミ、毛穴をやさしくカバーしてくれる
  • 肌になじみやすいベージュで自然に仕上がる
  • 伸びがよく塗りやすい

日焼け止め特有の乾燥感はなく、むしろうるおい感があります。そして、まるで化粧下地のように軽いつけ心地。

気になる部分もカバーしてくれるし、肌になじみやすいベージュカラーなのでノーファンデ派の人も使いやすいと思います。

さらさらしたミルクタイプで伸ばしやすく、ストレスなく使えました。

Ben
Ben

日焼け止め臭がないのも良いです

feel coral サンプロテクトミルクの色味はこちら。

肌になじみやすいベージュカラーです。

また、塗ったあとのビフォーアフターはこちら。

肌にツヤ感がでているのがわかりますね。また、白浮きしないのもありがたい。

次は手の甲に塗って並べて比較してみました。

feel coral サンプロテクトミルクを塗った左手の甲は、毛穴が目立たなくなりました。

また、肌の色ムラが補正され均一になっているのがわかります。

Ben
Ben

適度なカバー力があるので、これだけでも十分そう

化粧下地のように使える!

肌への優しさは?成分からチェック!

feel coral サンプロテクトミルクには、下記の敏感肌が避けたほうがいい成分は入っていませんでした。

一般的に敏感肌が避けたほうがいい成分例
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン
  • フェノキシエタノール
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 一部の精油(ユーカリ類、ペパーミントなど)
Ben
Ben

人によって肌に合わないものが違うのと、この他にも合わない成分があります

代表的なものとして覚えておきたいね

パラオの日焼け止めの法律では、パラベンとフェノキシエタノールは使用禁止。

feel coral サンプロテクトミルクはパラオの基準をクリアしているので、もちろんパラベンとフェノキシエタノールは入っていません。

これが入っていないというだけでも敏感肌にはやさしいのでうれしいポイントですよね。

また、美容保湿成分として、

  • スクワラン(植物性)
  • ホホバ種子油
  • コメ胚芽油
  • ヒアルロン酸Na

が配合されています。

ヒアルロン酸Naで水分を保持して、スクワランやホホバ種子油、コメ胚芽油で皮膚からの水分の蒸発を防いでくれます。

Ben
Ben

このおかげで、日焼け止め特有の乾燥感がないよ

夏は紫外線やエアコンなどで乾燥しやすいですし、秋冬は空気が乾燥するシーズン。

乾燥肌や敏感肌の人にとっては、年間を通して乾燥に直面することが多いのが現状です。

feel coral サンプロテクトミルクはうるおいを感じる日焼け止めとして、夏のアウトドアはもちろん、日常でも化粧下地として使える一品です。

一軍コスメにもOK!

feel coralサンプロテクトミルク公式による特徴は?

公式で紹介している特徴などがこちら。

こんな方におすすめ
  • 海が大好き。自然を大事にしたい。
  • 肌のために焼けるのはイヤ!
  • スキンケアもしっかりしたい。

引用:公式ページ

海やアウトドアが大好きだけど、環境へのやさしさ・日焼け止めの効果どちらもほしい人にはぴったりの商品であることがわかります。

Ben
Ben

環境へのやさしさと焼けないこと、どっちも重要!

主なポイント
  • SPF43 PA+++
  • 化粧下地としても使用OK
  • 肌にやさしいスキンケア成分配合
  • ウォータープルーフ処方
  • 外箱・容器ともに環境に配慮した素材を使用

引用:公式ページ

アウトドアのときだけでなく普段も使える日焼け止めなので、日常でも使うことで家庭から有害な成分が流れるのを減らすことができます。

日用品をサスティナブルなものへシフトしていきたいと考えている人は、ぜひfeel coral サンプロテクトミルクを使ってみてはいかがでしょうか。

Ben
Ben

家庭から流れ出る排水も、環境を守るうえで忘れてはいけません

送料無料で購入する

【世界の海でOK】環境にやさしいポイント

feel coral サンプロテクトミルクは、サンゴにやさしい日焼け止めとして発売。

世界でいちばん厳しいパラオの日焼け止め基準もクリアしています。

feel coral サンプロテクトミルクに入っていないもの
  • オキシベンゾン
  • オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)
  • 酸化チタン、酸化亜鉛のナノ粒子
  • パラベン類
  • フェノキシエタノール

パラオの日焼け止め基準については、こちらでも詳しく解説しています。

興味がある方はぜひお読みください。

パラオで使えるということは、ハワイでもOKだね

世界にはパラオ以外にも、日焼け止めの使用や流通について法律がある国や地域がいくつかあります。

そのような場所へ訪れるときは、必ず法律に沿った日焼け止めをお使いください。

ただ、国によってルールが違うことがありますので、世界中どこでも使えるfeel coral サンプロテクトミルクは安心して使うことができます。

世界の日焼け止め法律についてはこちらで解説しています。

また、日本には法律や条例などありませんが、沖縄をはじめ美しい海がたくさんありますよね。

Ben
Ben

昔ハワイに行ったとき、現地ガイドさんが沖縄の方が海はきれいと言っていたのが印象的

海に囲まれた島国・日本だからこそ、環境にやさしい日焼け止めを選ぶ人がますます増えていくといいなぁと思います。

どれくらい環境にやさしい?独自基準でもチェック

feel coral サンプロテクトミルクがどのくらい環境にやさしいか、当サイトの独自基準に沿って判断しました。

独自基準とは:本サイト独自に環境負荷レベルを設け、どのくらい環境にやさしい製品かを判断するための基準のこと

独自基準についてはこちらのページで詳しく書いています。

Ben
Ben

★1〜★4まであり、最も環境にやさしいのは★4です

【結論:★★★】世界中どこでも使用OK

feel coral サンプロテクトミルクの環境負荷レベルは★★★
  • 全成分10種類以下、または天然由来成分80%以上を満たしていない
  • 基準項目1.〜5.まですべて満たしている

feel coral サンプロテクトミルクは、全25種類の成分からできています。

当サイト基準の10種類よりは多いものの、一般的な日焼け止めの全成分数より少ないと感じました。

また、天然成分を使用しているとのことですが、その割合については明記がありませんでした。

そのため基準項目はすべてクリアしていますが、★3つと判定いたしました。

サンゴにやさしい日焼け止めはこちら

気になる点:シリコーンが多いこと

feel coral サンプロテクトミルクの成分表のいちばん最初にあるのは、メチルトリメチコンというシリコーンオイル。

成分表のいちばん最初に記載しているということは、メチルトリメチコンがいちばん多く入っているということです。

その他、メチルトリメチコンをあわせて5種類のシリコーンが入っています。

シリコーンは撥水性があるため、日焼け止めによく使われる成分のひとつ。また、撥水性以外にも感触を良くするなど、いろんな効果があります。

メリットの多いシリコーンですが、一方、自然のなかで分解されることはありません

Ben
Ben

EUでは洗い流す化粧品に一部シリコーンの使用制限があります

当サイト独自基準にもある環状シリコーンと呼ばれるものは、feel coral サンプロテクトミルクには入っていませんが、シリコーンが多めであることはたしか。

シリコーンが環境にとって明らかに有害であるとは言えないですし肌には安全といえますが、私個人的な意見としては、長期間分解されず自然界に残ってしまうという点で避けたいものの一つではあります。

その他のサスティナブルなポイントをご紹介

feel coral サンプロテクトミルクでは、その他にもこんなサスティナブルな取り組みをしています。

サスティナブルPOINT
  • 容器はバイオ樹脂を使用
  • 外箱はサトウキビ由来のバガス紙を使用
  • 動物実験ゼロ工場で製造
  • サスティナブルコスメアワード2023受賞
  • バイオ樹脂…植物由来などからできたプラスチック素材
  • サトウキビ由来のバガス紙…サトウキビから砂糖をとった後の搾りカスからできている

中身だけでなく、箱や容器のことも考えているんだね

また、動物実験ゼロの工場で製造されている点も、動物実験を避けたい人にはうれしいポイントですね。(ただし、ヴィーガンコスメではないようです)

SPF43は焼けないか心配…という方へ

ところで、「SPF43」を見て「海で使うにはちょっと心配かな〜」と思った人もいるのではないでしょうか?

日本ではSPF50が焼けない・安心というイメージや売出し方がされていますが、そもそもSPFは日焼けによる炎症を遅らせる時間を表しています。

SPF1 = 約20分 日焼けによる炎症を遅らせるという意味。

つまり、

  • SPF50は約1000分(約16時間)
  • SPF43は約860分(約14時間)

日焼けによる炎症を遅らせるということ。

実際にはSPF50でも2〜3時間おきに塗り直しは必須となるため、そう考えるとSPF50もSPF43も変わらないということがわかると思います。

確かにSPFは日差しが強い場所で使うときの目安にはなりますが、実はそれよりも「水分に強い」「擦れに強い」というように、肌に長くとどまってくれるのか?のほうが紫外線対策に効果的

feel coral サンプロテクトミルクは、シリコーン系の成分が多いため撥水性に優れているのが成分からもよくわかります。

Ben
Ben

この図からもSPF43が海水浴に適しているのがわかりますね

引用:日本化粧品工業会「生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方」より

日焼け止め剤は補助的なアイテムとして、帽子・サングラス・羽織物などをあわせて使ったり、日陰を活用したりするのをおすすめします。

【補足】UV耐水性は新しい日焼け止めのルール

新しく始まったUV耐水性という表記。これまで各社バラバラだったウォータープルーフの基準を統一するためのものになります。

すでに運用スタートしていますが、2024年12月からの出荷分には表記が必須。

水に強い日焼け止めを選びたい人は、ひとつの目安にしてみてくださいね。

送料無料で購入する

【検証シリーズ】気になる3点を試してみました

feel coral サンプロテクトミルクの日焼け止めとしての性能で、気になる3点を実際に試してみました。

検証したのはこの3つ

  • 水への強さ
  • 塗りなおししたときの見た目や塗やすさ
  • 落とし方
Ben
Ben

日焼け止めで大切な3つのポイントです

検証①:水にはどれくらい強い?

海で使える日焼け止めで重要なことは、ウォータープルーフであること。

feel coral サンプロテクトミルクもウォータープルーフの記載はありますが、どのくらい水に強いのか検証してみました。

検証方法
  1. 手の甲にfeel coral サンプロテクトミルクを塗る
  2. ぬるま湯で1分ほど流す
  3. ティッシュで水分を拭き取る
  4. 2.〜3.を繰り返す

手の甲全体にfeel coral サンプロテクトミルクを塗って、1回目流してみました。

Ben
Ben

しっかり水を弾いています

2回目流す前に、一度ティッシュで水分をとります。その後、同じようにぬるま湯で流します。

ウォータープルーフ検証2回目
クリックで拡大します

2回目もしっかり水を弾いているのがわかります。

Ben
Ben

1回目と遜色なく、水を弾いていました

ウォータープルーフ検証3回目
クリックで拡大します

同じようにティッシュで水分をとったあとに、3回目の実験です。

3回目もしっかりと水を弾いてくれていました。

実際の海水浴やプールでの状況とは異なりますが、ウォータープルーフは問題ないように思います。

Ben
Ben

夏に海水浴でも使ってみたいですね

実際に海水浴で使ったらまたご紹介します!

また、日焼け止めは2〜3時間ごとに塗りなおすことを推奨しますが、水に濡れたときはウォータープルーフであっても、さらにこまめに塗りなおししておきましょう。

結論:しっかり水を弾くので、海水浴やプールでもOK

検証②:塗りなおしすると見た目はどうなる?

水に濡れたときだけでなく、2〜3時間おきの塗りなおしでfeel coral サンプロテクトミルクを塗り重ねたとき、見た目がどうなるかの検証です。

1回目は素肌に塗ったとき、2回目は1回目の1時間後に塗り重ねました。

塗り1回目
クリックで拡大します
塗り2回目
クリックで拡大します

2回目の塗り重ねで、肌のトーンが少し暗くなりました。

それ以外は特に気になることはなく、2回目に肌に付けたときも素肌に塗るときと同じように、きれいに仕上がってくれました。

結論:肌が暗くなるが、ヨレたりベタベタすることはない

Ben
Ben

肌が暗く見えるのが気になる人は、代わりにプレストパウダーがおすすめです

検証③:落とし方は?

最後は、feel coral サンプロテクトミルクは洗うときは何がいいのか?の検証です。

公式では「石けんで落ちる」という記載はありませんでしたが、ボディソープでも試してみました。

日焼け止め落とし検証1
クリックで拡大します

水を弾く感じが減りましたが、日焼け止めがまだ肌に残っているのがわかります。

feel coral サンプロテクトミルクを塗りなおした後に、次はメイク落としを使ってみました。

日焼け止め落とし検証2
クリックで拡大します

メイク落としをなじませてしっかり乳化させてから落とすと、ベタつきやオイルっぽさが残らず洗い流すことができました。

Ben
Ben

落とす時はメイク落としを使うのが◎

今回はミルクタイプで試しましたが、塗りなおしをしたときはオイルタイプのほうが一度でスッキリできそうで良いと思います。

また、体にも使ったら忘れずにクレンジングで落としましょう。

Ben
Ben

広範囲に塗ったときは、メイク落としシートがおすすめ

Ben
Ben

シートはこすらず、優しく拭いたらボディソープで洗いましょ!

結論:メイク落としで落ちる

【まとめ】地球のためにfeel coralサンプロテクトミルクを選ぼう

2023年10月に新発売したfeel coral サンプロテクトミルク。

  • 海が大好き
  • 環境のためにできることからやりたい
  • サスティナブルなコスメを探している
  • 肌の美しさも諦めたくない

こんな方にぜひお試しいただきたい日焼け止めです。

サンゴのことを考えただけでなく、肌のツヤ感UPやトーンアップなど、美容面でも実力があり化粧下地のように使えるのもポイント。

Ben
Ben

歴史あるハリウッドという会社だからできること

私は個人的に、【乾燥せずうるおう】【気になる部分をカバーする】というところがお気に入りです。

こんなシチュエーションで活躍しそうだなと思いました。

  • 海でガッツリメイクしたくないとき
  • 汗をかく屋外で遊ぶとき
  • オンラインミーティングに参加するとき
  • 在宅ワークするとき
  • お買い物へ行くとき
Ben
Ben

つまり、だいたいの場で活躍するっていうこと

また、敏感肌さんにとって、シンプルメイクにしておくことで肌への負担を減らすことができるので、その点でもおすすめです。

Ben
Ben

ガッツリメイクの日も下地として良さそう

feel coral サンプロテクトミルクは、楽天に公式ページがあり送料無料になります。

お得にお試ししてみたい方はこちらからご覧くださいね。

送料無料で購入する