ハワイでおすすめ!日本製の日焼け止め4選

日焼止めの基本

本記事は広告が含まれています

コロナが明けたら行きたい海外ランキング第1位(※)に選ばれたのはハワイ!というくらい、ハワイが大好きな人は多いのではないでしょうか。

参照:コロナが明けたらどこに行きたい?人気観光地を1000人に聞いてみた!3位「台湾」、2位「アメリカ」、1位は…?

Ben
Ben

かくいう私も、ハワイが大好き!何度でも行きたい!

さて、コロナ禍のなか、2021年1月1日よりハワイではある条例がはじまったのをご存知でしょうか?

それは、特定の成分が入った日焼け止めの販売を禁止する条例

ハワイではかねてより環境保全のために日焼け止めについて協議され、それが実際に条例となって2021年からスタートしています。

日焼け止めは常夏ハワイで必須アイテム!ハワイ旅行前に忘れずにチェックしてくださいね。

この記事が日焼け止め選びの参考になれば嬉しいです♪

ハワイに到着したらすぐ使いたい!

事前に日本製の日焼け止めを準備しておきたい!という方へ

日本製で安心してハワイで使える日焼け止め、4つをご紹介します。

Ben
Ben

禁止成分なしの安心して使える、おすすめ日焼け止めです

【No.1】モアニ・オーガニクス/UV スキンプロテクトミルク

モアニ・オーガニクスUV SKIN PROTECT MILK
よーく見るとハートの中にハワイの島々の絵が♡
推しポイント/ UVスキンプロテクトミルク
  • 100%天然由来成分
  • エコサート取得済みだから安心
  • ウォータプルーフだから、マリンアクティビティでも日焼けを気にしない!
  • 日焼け止めの乾燥が苦手!うるおい重視な人にぴったり
  • ブルーライト焼けも防止で日常でもOK
注意ポイント
  • 4,000円台で価格が少し高め
  • 油分多いのが苦手な人は、パウダーの併用も検討を
  • 無香料だけど、まったく香りがしないわけではなく“素材の香り”というイメージ

日焼け止めとしてはすこし高めな4,000円台ですが、50g入なのでたっぷり使えます!

Ben
Ben

個人的には1番おすすめ!

100%天然由来成分の日焼け止めで、世界最大規模の認証機関であるECOCERTの認証を取得

日本の化粧品業界ではオーガニックにたいする基準があいまいなのですが、この日焼け止めは世界的な認証機関のお墨付き!

ちゃんとしたオーガニック商品を使いたい、と考えている人はぜひお試しください。

ミルクタイプのテクスチャ
ミルクタイプでこぼれやすいので注意
日焼け止めを塗った手
塗るとテカリ?を感じますが、白浮きは気になりません

塗ってみると、ミルクタイプなのでサラサラしていますが、少し重たさを感じます。

  • ホホバオイル
  • ココナッツオイル
  • アーモンドオイル
  • アボカドオイル

を配合し、乾燥とは無縁なかんじ。

Ben
Ben

私はテカりやすいので、Tゾーンやおでこ、アゴにはパウダーも合わせます

さらに、ハワイから帰ってきて日焼け止めが余っても大丈夫!

UVスキンプロテクトミルクは、パソコンやスマホから発するブルーライト焼けも防いでくれる効果があり、レジャーだけでなく日常でも活躍できます。

SPF50+ PA++++ですが石けんで洗い流せて、お子さんとも一緒に使用できますよ。

こちらでもさらに詳しく解説しています。

顔・からだ用 (無香料)
¥3,924 (2024/03/25 11:28時点 | Amazon調べ)

【No.2】コパトーン/プロテクションUVプラスミルク

コパトーンプロテクションUVプラスミルク
パッケージにも珊瑚がイメージされています
推しポイント/プロテクションUVプラス
  • ベタベタせず早くなじむので、からだの広範囲をササッと塗れる
  • まったく白浮きしないから、男性でも気にならない
  • クサくない!無香料で本当に匂いが気にならないレベル
注意ポイント
  • こぼしやすいので注意
  • 乾燥肌の人にはすこし物足りない感触かも
  • トーンアップ機能はなし

コパトーンといえば日焼けオイルのイメージが強かった(私だけ?)のですが、ノンケミカルで最高クラスUVカット日焼け止めがいちはやく発売されたことに驚きました。

もちろん石けんやボディソープで楽に落とすことができます。

ミルクタイプで手に取り出すと、かなりサラサラしています(こぼしそうになるので注意!

塗ってみるとすぐに肌になじむので、からだの広範囲をささっと塗れて楽そう。

肌のトーンアップ機能はありませんが、そのかわりまったく白浮きないので、男性でも気にせず顔や全身に使えますね。

保湿成分が入っていますが、あまりうるおいを感じないので乾燥肌の人には物足りないかもしれません。

でも、サラサラなぶん、炎天下のビーチでは塗りなおしするのに使い勝手が良いです!

Ben
Ben

海水や汗でベタベタした肌には、サラサラ感覚の日焼け止めが塗りやすい♪

また、無香料といっている通り、本当に匂いが気になりません!

塗りたては「日焼け止めの匂いがすこしするかな?」くらいですが、時間がたつと匂いはなくなるので、日焼け止めの変な匂いが苦手な人にもぴったり。

こちらの記事でさらに詳しくレビューしています。

【No.3】アリィー/クロノビューティージェルUV EX

日焼け止めの実力派アリィーが2022年にブランドリニューアル!

サスティナブルを考えた“ビーチフレンドリー”となって新発売されました。

ALLIEクロノビューティージェルUV EX
Peanutとのコラボパッケージも話題になりました
推しポイント/クロノビューティージェルUV EX
  • ジェルタイプでベタつかず、するする塗れる
  • トーンアップするから、肌をキレイに見せてくれる
  • スーパーウォータープルーフだから汗や水でも安心
  • 擦れに強い!フリクションプルーフ機能あり
注意ポイント
  • 規制対象ではないが別の紫外線吸収剤が使われている
  • 酸化亜鉛で肌荒れする人も控えたほうが◎

塗った印象ですが、ジェル状でするする塗りひろげられるので、背中など広い範囲でもサクサク塗ることができます。

また、肌がトーンアップするので肌をキレイに見せたい人におすすめ。

ヒアルロン酸を配合しているため、日焼け止め独特の乾燥感は感じられません。

アリィーの持つ「焼けない」イメージはそのままに、安心して海水浴や屋外のレジャーを楽しむことができます。

個人的には、服やカバン、スマホケースなどの持ち物に日焼け止めがつきにくく、擦れに強いフリクションプルーフが大満足でした。

こちらの記事でも詳しく解説しています。

SPF50+/PA++++ 90g 無香料
¥1,912 (2024/03/25 11:38時点 | Amazon調べ)

また、同じくアリィーで大人気のノーファンデUV(カラーチューニングUV)もハワイで使用OK。

こちらも別記事で色の比較や選び方を解説しました。

【No.4】ハリウッド/feel coral サンプロテクトミルク

推しポイント/feel coral サンプロテクトミルク
  • 日焼け止め特有の乾燥感がない
  • クマやシミをカバーしてくれる
  • 伸びが良く塗り広げやすい
  • ベージュカラーだからノーファンデにも◎
注意ポイント
  • SPF43だと心配と思う人がいるかも
  • シリコーンがたくさん入ってる

2023年にハリウッドから新発売されたfeel coral サンプロテクトミルク。

Ben
Ben

パッケージがとってもかわいい

ベージュカラーなので、主に顔への使用になります。化粧下地として使ったり、ノーファンデメイクにもピッタリ。

SPF43 なのでハワイで使うのに心配だと思う人がいるかもしれませんが、

計算上、SPF43は約14時間日焼けを遅らせる効果があります。

汗をかいたり水に濡れたらその都度塗り直しは必要になるので、SPF43でも十分であることがわかります。

SPFももちろん大事ですが、それよりも水や汗に強いか?ということのほうがビーチリゾートでは価値があると思います。

feel coral サンプロテクトミルクはもちろんウォータープルーフ。

こちらの記事では、水への強さなど実験したのでご覧ください。

ハワイで使う日焼け止めを選ぶポイントは?

2021年からハワイでは、特定の紫外線吸収剤がはいった日焼け止めが流通・販売禁止になりました。

使用についての制限は今のところないのですが、現地では環境にやさしい日焼け止めを使う流れになっているそうです。

せっかくなら環境にも自分にも優しい日焼け止めを選んでみましょう!

ハワイで使う日焼け止めは、この3つを基準に探してみてください。

ハワイで使う日焼け止めを選ぶポイント
  • オキシベンゾンオクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)が入っていない日焼け止め
  • ノンケミカル、ビーチフレンドリー、リーフセーフなど記載された日焼け止め
  • 現地(ハワイ)で買うのもひとつの醍醐味

現地で買うときは、

  • Reef Safe(リーフセーフ)
  • Reef Friendly(リーフフレンドリー)

などの記載があるかチェックしてくださいね。

Ben
Ben

スーパーマーケットやファーマーズマーケットで売ってるよ

Ben
Ben

かわいいパッケージのはお土産にしても良さそう

2021年1月1日より環境保護のため、ハワイ州全土でオキシベンゾンオクチノキサートという成分が入った日焼け止めの販売が禁止になりました。

ただし、販売が禁止されているだけで、今のところ使用することに制限はありません。

オキシベンゾンとオクチノキサートってどんな成分?

オキシベンゾン、オクチノキサートは日焼け止めに使われている最もポピュラーな紫外線吸収剤です。

オキシベンゾンは以前よく使われていた成分ですが、現在ではあまり見かけることはなくなってきました。

Ben
Ben

オキシベンゾンは肌から血中へ吸収されやすく、環境ホルモン(本来のホルモンの働きを撹乱する物質)作用が疑われているためです

オキシベンゾンのかわりに、現在はオクチノキサート(日本での表記はメトキシケイヒ酸エチルヘキシル)という成分がいちばん多く使われています。

UVBから肌を守る効果があり、使いやすい成分であることから、日本で売っているほとんどの日焼け止めに入っています。

近所のドラッグストアで調べてみましたが、売っている日焼け止め25商品中、23商品にオクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)が入っていました。それくらいポピュラーです。

オキシベンゾン、オクチノキサートはどんな影響があるの?

10年以上前から、日焼け止めとサンゴの関係について世界中の研究者による調査がされています。

その結果、オキシベンゾンとオクチノキサートが、サンゴにとって悪影響をおよぼすことがわかってきました。

いちばん問題となっていることは、サンゴの白化現象を引き起こしていることです。

珊瑚の白化現象
白化現象

この写真のように一見きれいですが、白化したサンゴは瀕死の状態

ここから持ち直すこともありますが、多くはそのまま死滅してしまいます。

白化の原因はひとつではなく、海水の温度上昇なども影響しているため、日焼け止めによる影響はそのひとつにすぎません。日々サンゴはいろいろな危機にさらされているのです。

紫外線吸収剤がもたらす影響について、こちらでさらに詳しく解説しました。

昨今、世界各地で大規模な白化現象がおこっています。

ハワイではこれからも美しい海を守るために、日焼け止めの条例をつくることになりました。

Ben
Ben

沖縄やグレートバリアリーフでも大規模な白化がおこっています

Ben
Ben

日焼け止めをサンゴにやさしいものに変えるだけ

ハワイ州では2021年より、オキシベンゾンとオクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)2つの紫外線吸収剤が入った日焼け止めが販売禁止となりましたが、使用禁止にはなっておらず実質使用することは可能です。

Ben
Ben

空港で没収される心配はないからご安心を

ですが、ハワイだけでなく、世界では紫外線吸収剤入りの日焼け止めの使用を禁止する動きになってきており、近い将来ハワイでもさらに制限が厳しくなるかもしれません。

また、紫外線吸収剤はほんの少しの量でも、サンゴをはじめ海洋生物に悪影響を及ぼすことがわかってきました。

海を愛し、自然を愛するなら、地球にも自分にもやさしい日焼け止めを選んでいきましょう!

ハワイで使う日焼け止めを選ぶポイント
  • オキシベンゾンオクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)を使用していない日焼け止め
  • ノンケミカル、ビーチフレンドリー、リーフセーフなど記載された日焼け止め
  • 現地(ハワイ)で買うのも醍醐味

また、

  • ハワイ旅行前に日本で日焼け止めを用意しておきたい
  • Made in Japanの日焼け止めがほしい

という方は、この記事でおすすめした日焼け止めを参考にしてみてくださいね。

▶【日本製】おすすめの日焼け止め4選を見る

ちなみに、私はこれがいちばん好き。

顔・からだ用 (無香料)
¥3,924 (2024/03/25 11:28時点 | Amazon調べ)

この記事で紹介した日焼け止めが、あなたのお気に入りになったら嬉しいです!