春の紫外線は夏と同じってほんと?春の紫外線が強い理由と7つの対策

日焼止めの基本

本記事は広告が含まれています

春の紫外線は、実は夏と同レベルになることがあります。

あたたかくなって、桜が咲き始めるとお出かけしたくなりますが、紫外線には注意が必要。

あなたのお肌や体はまだ紫外線の強さに慣れていません。

また、紫外線のほかにも花粉や寒暖差、いろんな要因がお肌に刺激を与えてきます。

Ben
Ben

肌の状態によって紫外線ダメージも大きくなるよ

どんな対策をしたらいいの?

この記事では、

  • 春の紫外線が強い理由
  • 春の紫外線対策7つのポイント
  • 春におすすめの日焼け止め&メイク直し8つ

について、順を追って解説していきます。

春の紫外線対策はとても大切ですが、すぐにできる簡単なことばかりなので、ぜひご一読いただき日常生活に取り入れてみてくださいね。

  1. 春の紫外線量は、実は夏とあまり変わらない
  2. 春から紫外線が強くなる理由
    1. 理由の1つに、太陽高度がポイント
    2. 春はUVAに注意しよう
    3. つまり、早めの対策が大正解
  3. 春の紫外線対策 7つのポイント
    1. 【その1】日焼け止めのPAに注目してみよう
    2. 【その2】曇りの日や室内でも日焼け止めを使おう
    3. 【その3】日焼け止めの塗りムラ、塗り残しに気をつけよう
    4. 【その4】日焼け止め以外のグッズも併用しよう
    5. 【その5】食べもので内側からもケア&準備をしよう
    6. 【その6】生活習慣から肌を強くしよう
    7. 【その7】その他のポイント
  4. 【春におすすめ】肌と環境にやさしい日焼け止め&パウダー8選
    1. 【イチオシNo.1】ウェアルーUV(HANAオーガニック)
    2. 【No.2】オールライトサンスクリーンクリーム(アムリターラ)
    3. 【No.3】パックスナチュロンUVクリーム
    4. 【No.4】エーデルワイスUVプロテクト(ヴェレダ)
    5. 【No.5】UVプロテクトベース(F organics)
    6. 【No.6】サンスクリーン®オンフェイスモイスト(ORBIS)
    7. 【メイク直し①】ウェアルーパウダールーセント(HANAオーガニック)
    8. 【メイク直し②】ミネラルシルキーベール(ETVOS)
  5. 【4つのPoint】春の日焼け止めの選び方
    1. 【Point1】肌の刺激になる成分は入っていない?
    2. 【Point2】保湿力があるタイプが◎
    3. 【Point3】色ありタイプは肌色に合ってる?
    4. 【Point4】洗顔料だけでオフできる?
  6. 【まとめ】紫外線対策はお早めに

春の紫外線量は、実は夏とあまり変わらない

春の紫外線量は夏と同レベルということを聞いたことがある人もいるかもしれません。

紫外線の指標につかわれる「UVインデックス」で2023年の東京のデータをみてみると、4月から急激に数値が高くなり、9月と同じ数値になっています。

また、これは月平均なので、なんと日によっては真夏と同等の場合も…!

データ引用:気象庁
Ben
Ben

上のグラフは2023年のUVインデックスです

Ben
Ben

そしてこっちは2023年4月の日ごとのUVインデックス

データ引用:気象庁
Ben
Ben

UVインデックス6〜7で「強い」になっている日が多いですね

Ben
Ben

夏と変わらん!

引用:環境省「紫外線環境保健マニュアル2020」

UVインデックスとは、WHOが一般の人に向けた紫外線対策の必要性を啓蒙するために開発したもので、日常で使いやすい簡単な数値にしている。1〜11+まであり、数値が大きくなるほど紫外線が強いことを表す。

引用:気象庁

Ben
Ben

各天気予報サイトでも、紫外線予報が出ているのでチェックしてみてね

本格的な紫外線対策をはじめるとしたら、まだ体が紫外線に慣れていない2月〜3月を目安にすると良さそうです。

春から紫外線が強くなるのはわかったけれど、それは一体なぜでしょうか。

暖かくなってくるから?

Ben
Ben

気温は関係ないよー!

理由の1つに、太陽高度がポイント

季節によって紫外線の量が変わる理由は1つだけではなくいろんな要因があるのですが、その1つに太陽の高さが関係しています。

太陽の高さは、年間をとおして図のように太陽の高さは変わっています。

1年の太陽高度の推移グラフ
出典:keisanより2022年 観測時刻正午の太陽高度推移
Ben
Ben

夏になると真上付近から紫外線を浴びることになるね

紫外線は地表に届くまえにオゾン層で吸収されますが、太陽が真上にあるときと太陽が傾いているときではオゾン層で吸収される長さが変わります。

つまり、太陽の高さが高くなればなるほど、オゾン層で吸収される量が減っていくので紫外線量も増えていくということ。

これが季節によって紫外線量が変わる理由のひとつ。

他にも紫外線が強くなる理由は、赤道への近さ・オゾン層・天候や大気中の浮遊物などなど、いろんな理由があります。

春はUVAに注意しよう

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cと種類があり、春に気をつけたいのはUV-Aです。

それぞれの特徴はこちら。

UVA、UVB、UVCの解説

年間をとおして降り注いでいるのはUV-A。

浴びてもすぐに肌に変化がでないところが怖いところで、じわじわとシワやたるみを引き起こしていきます。

Ben
Ben

それが紫外線の9割ってヤバいと思いません?

UVAとUVBの年間の推移グラフ

春になるにつれてUV-A、UV-Bどちらも強くなってきますが、UV-Aは特に注意。(赤い折れ線)

1月から2月、3月から4月で急激にUV-Aが増加しているのがわかります。

このことからも、春は紫外線対策が欠かせないことがイメージできたのではないでしょうか。

つまり、早めの対策が大正解

冬から春への季節の変わり目は、体だけでなく肌にも不調が現れやすい時期。

寒暖差はもちろん、花粉や強風など肌荒れしやすい条件がいくつも重なります。

そんなときに紫外線も強くなっていくので、紫外線対策は早めにやっておくことに越したことはありません。

また、肌が乾燥しているとバリア機能が下がっているため、日焼けの影響も大きくなると言われています。

Ben
Ben

保湿は春もマストですね!

春の紫外線対策 7つのポイント

春になぜ紫外線が強いのか?わかったらすぐに紫外線対策をしたいですよね。

効果的に春の紫外線対策をするなら、この7つのポイントを意識してみましょう。

Ben
Ben

全部はむずかしいなら、1つだけでも大丈夫♪

【その1】日焼け止めのPAに注目してみよう

春に日焼け止めを使うならPA++がおすすめ。

長時間屋外にいるときはPA+++、春の登山やビーチの散策ではPA++++を選びましょう。

日焼け止めに書いてあるPAとは、UVAを防ぐ効果を示していて+(プラス)が多いほど効果が高いことを表しています。

肌を赤くヒリヒリさせるUV-Bよりも、シワやたるみの原因になるUV-Aの方が春は要注意。

そのためSPF(UV-Bを防ぐ)よりも、PAに注目して日焼け止めを選んでみましょう。

Ben
Ben

日焼け止めのその他の用語はこちらでおさらい!

【その2】曇りの日や室内でも日焼け止めを使おう

太陽が出ていないと、ついつい油断してしまいがちですが、曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。

ほぼ全天を雲が覆っていても、薄曇りの場合は、快晴時の約8〜9割のUVインデックスとなりますが、曇りの場合は、快晴時の約6割となります。さらに、雨が降っている場合には、快晴時の約3割まで減ります。

気象庁

雨でも紫外線はゼロじゃないんだね…

なお、雲の状態によっては、雲が比較的多くても日差しを受けていれば、快晴の場合よりも大きいUVインデックスとなることもあります。

気象庁

驚くのは、雲に太陽光が反射することで、快晴の日よりも紫外線が増えることがあるそうです。

知らなかった!

このことからも、曇りの日でも紫外線対策は必須。しっかり日焼け止めを塗りたいですね。

また、室内にいるときの紫外線の影響についてはこちら。

紫外線UVAは、室内にも屋外で浴びる紫外線量の約80%が入ってきている

室内にも逃げ場なし!紫外線による“ちりつもダメージに”要注意

室内にいることが多いから安心…と思いがちですが、実は窓ガラスを通して約80%も紫外線が入ってきているという衝撃の事実。

また、仕事をしている以外でも、特に女性は家にいても何かと外に出たり日に当たることが多いですよね。

Ben
Ben

洗濯干したり取り込んだり、窓掃除やゴミ出し、などなど

Ben
Ben

家事でうっかり日焼けていることが多いと思います

と、いうことで日焼け止めをぜひとも塗りましょう。

【その3】日焼け止めの塗りムラ、塗り残しに気をつけよう

忙しい朝は身支度もバタバタになりがち。

後から鏡をみたときに、こめかみ辺りやアゴ付近まで日焼け止めが塗れていなかった、ということはありませんか?

Ben
Ben

私はあります!w

塗り残しやムラができないように、一度塗ったあとにもう一度重ねたり、鏡でチェックしてみたりしましょう。

ていねいに日焼け止めをつけることで日焼け止めの効果もあがります。

Ben
Ben

せっかく塗るならていねいに

【その4】日焼け止め以外のグッズも併用しよう

日焼け止めだけ塗っていれば安心?

いいえ、そうではありません。日焼け止めは完璧ではないからです。

いろんな紫外線カットアイテムを合わせて使うことで、紫外線から肌を守ることができます。

紫外線カットアイテム例
  • 帽子や日傘
  • サングラスやUVカット機能つきのメガネ
  • UVカット機能つきコンタクトレンズ
  • UVカット機能付きのカーディガン
  • UVカット機能付きカーテン
  • 窓ガラスに貼るフィルム
Ben
Ben

紫外線対策は合せ技』が合言葉

【その5】食べもので内側からもケア&準備をしよう

高いスキンケアグッズを買う前に、もっとお手軽な美容法が旬の野菜や果物を食べること。

本来の旬の時期にとれる野菜や果物には栄養がたっぷり。

実は季節のものを食べることって、とても理にかなったことなんです。

春が旬の食べもの

春キャベツ・玉ねぎ・ブロッコリー・山菜・たけのこ・菜の花・セロリ・長芋など

いちご・柑橘類・キウイなど

ハマグリ・鯛など

薬膳の考えでは、苦みのある食べものは冬に溜め込んだ老廃物を排出する働きがあると言われています。

普段はあまり食べることがないですが、山菜やふきのとう、菜の花がおすすめ。

また、ビタミンたっぷりの果物は肌にもうれしいですよね。おやつのかわりに食べるのもGood!

Ben
Ben

ちなみに、果物は食後より食前がおすすめ

毎回ちゃんとした料理をするのも大変なので、私のおすすめは果物です。

もともと果物好きというのもありますが、食べてて幸せだなと思うことや、皮をむくだけで調理いらずで楽ちんという理由から。

柑橘系はけっこう安く手に入るのと、甘夏・いよかん・デコポンなどいろんな品種があって楽しいのでおすすめです。

Ben
Ben

グレープフルーツのジューシーさと苦みのバランスも好き

【その6】生活習慣から肌を強くしよう

直接的な紫外線対策ではありませんが、生活習慣のなかで大事なこととして【保湿】と【睡眠】、そして【血行の改善】が重要です。

寒暖差のある春は、肌荒れが起こりやすい時期。その他にも、強風や花粉、空気中のちりなど肌にとって刺激になる要素が多いのです。

Ben
Ben

もちろん紫外線もね

そのため、スキンケアの基本中の基本である【保湿】と【睡眠】は欠かせない。

また、【血行の改善】も忘れてはいけません。

血行が悪いと肌はカサカサ、乾燥肌まっしぐらへ。

なぜなら、血行が悪くなるとまず優先されるのは内臓などの重要な臓器。

肌は残念ながら後回しにされ、血液からの栄養が届かなくなります。

Ben
Ben

どれだけ保湿しても改善しないのは血行不良が原因かも

寒さがやわらぐと気にしなくなってしまいがちですが、春でも血行の促進は大切です。

軽くでもいいので運動する習慣をスタートさせたいですね。

【その7】その他のポイント

花粉にも気をつけよう

花粉で肌が敏感になってしまうことがあります。

肌が荒れるとバリア機能が低下し、日焼けのダメージを大きく受けてしまうことになりかねません。

最近では『アンチポリューション』(大気汚染物質から肌を守る)機能がある日焼け止めがあるので、そちらを選んでみたり、花粉ブロックスプレーをメイク後に使うのをおすすめ。

マスクをしていても日焼け止めは塗ろう

花粉症の方でマスクをする場合も多いですよね。

顔を覆っているから大丈夫?と思いそうですが、通常のマスクではUVカットは期待できません。

UVカット機能がついているマスクも売っているものの、それに頼りすぎないこと。

Ben
Ben

紫外線対策は合せ技』が合言葉!でした

UVカット機能がついていると言ってもマスクは顔の半分しか隠せないですし、どうせ日焼け止めを塗るんだから顔すべてしっかり塗っておきましょう。

春になって化粧下地を見直したり、新作の日焼け止めが気になってくる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、私Benがおすすめの日焼け止め6つと、メイク直し用パウダー2つをご紹介します。

選定条件
  • SPF30 PA++ を中心とした日焼け止めやパウダー
  • ノンケミカルで洗顔料だけで洗い落とせること
  • 独自基準(※)で★4〜★2と判定したもの

独自基準(※):本サイト独自に環境負荷レベルを設け、どのくらい環境にやさしい製品かを判断するための基準です。

Ben
Ben

私のおすすめ順にご紹介します!

【イチオシNo.1】ウェアルーUV(HANAオーガニック)

ウェアルーUVのポイント
  • 環境へのやさしさ★★★★(※本サイト独自基準による)
  • 自然なバラの香り
  • 肌にいる常在菌のバランスを整える
  • 保湿感はあるがベタつきなし
  • ピンクベージュとイエローベージュの2色展開
  • 紫外線だけでなくブルーライトやPM2.5からも守る
  • ピンクベージュとイエローベージュの2色展開
  • SPF30 PA++

まず、とてもいい香り!作られた香りではなく、自然なダマスクローズの香りで毎日いい気分になります。

それもそのはず、ウェアルーUVはダマスクバラ花水がいちばん多く入っているから。

Ben
Ben

成分表のいちばん最初にあるものが最も多く配合されているよ

Ben
Ben

ダマスクバラ花水は美容効果あり♪

ウェアルーUVは炎症による肌トラブルを防いでくれるので、大気中の有害物質が気になる人や花粉で肌荒れしやすい人に心強いアイテム!

さらにオススメしたい理由は、肌のうえにいる美肌菌を育てるといわれるバイオエコリア(α−グルカンオリゴサッカリド)を配合しているところ。

敏感肌にとって大事なことは肌のうえにいる常在菌

ウェアルーUVを使うことで肌の常在菌バランスを整えて、外部刺激から肌を守ることができます。

Ben
Ben

他にも好きなところを書きたいけど長くなるので…

Ben
Ben

詳しくはこちらを見てね

【No.2】オールライトサンスクリーンクリーム(アムリターラ)

アムリターラオールライトサンスクリーンクリーム
トライアルサイズの写真です
オールライトサンスクリーンクリームのポイント
  • 環境へのやさしさ★★★★(※本サイト独自基準による)
  • わずかにトーンアップする
  • 酸化セリウムという新しい紫外線散乱剤を使用
  • 石油由来成分、遺伝子組み換え成分を完全不使用
  • トライアルサイズあり
  • SPF18 PA+

次世代の紫外線散乱剤といわれる、酸化セリウムを使った日焼け止めです。

酸化セリウムは透明な成分なので、白浮きすることがありません。

なので、白浮きを防ぎたい人におすすめですし、酸化亜鉛や酸化チタンが肌に合わない人にもおすすめ。

また、酸化セリウムは紫外線だけでなく近赤外線やブルーライトからも日焼けを防いでくれるので、リモートワークや在宅時のPC作業時、スマホを見ているときも安心です。

Ben
Ben

付け心地も美容クリームのようで好き

アムリターラというブランドは2008年の誕生から「いらないものはいれない」という信念のもと、人と環境に優しいものづくりをしています。

敏感肌で肌に使うものにこだわりがある人や、毎日使うからこそ肌と自然にいいものを選びたい人は、まずはトライアルサイズからお試しください。

Ben
Ben

こちらの記事でもさらに詳しくレビューしています

【No.3】パックスナチュロンUVクリーム

パックスナチュロンUVクリーム
引用:パックスナチュロン公式
UVクリームのポイント
  • 環境へのやさしさ★★★★(※本サイト独自基準による)
  • 100%自然由来の原料
  • シンプルな成分のみでできている
  • SPF33 PA+++

パックスナチュロンブランドは、“サスティナブル”という言葉が使われるずっと前から環境に優しい商品を製造販売してきました。

Ben
Ben

RSPOに加盟もしています

Ben
Ben

サスティナブルな取り組みを行っている企業のひとつ

シンプルで肌にやさしい日焼け止めを探している方は、ぜひお試ししてみてください。

グリチルリチン酸2Kが配合され、炎症を防いでくれるのでニキビができやすい人にはうれしいですよね。

白いクリーム状で色による補正はありませんが、化粧下地にも使うことができます。

家族みんなで使えるのが良いところ♪

【No.4】エーデルワイスUVプロテクト(ヴェレダ)

エーデルワイスUVプロテクトのポイント
  • 環境へのやさしさ★★★★(※本サイト独自基準による)
  • 100%天然由来
  • ブルーライトや近赤外線もカット
  • 子どもも使えるから家族みんなでOK
  • 2024年2月にリニューアル!
  • SPF38 PA++

明るいベージュカラーでうっすら肌をカバーしてくれるので、これ1本で使ってもOK。

Ben
Ben

ノーファンデメイクにも◎

紫外線だけでなくブルーライト96.9%、近赤外線88.1%カットしてくれるので、家でも外出先でも活躍する日焼け止めです。

2024年2月にリニューアルし、以前のものより香りがやさしくなっていますよ。

Ben
Ben

こちらの記事でもさらに詳しくレビューしました

【No.5】UVプロテクトベース(F organics)

UVプロテクトベースのポイント
  • 環境へのやさしさ★★(※本サイト独自基準による)
  • 99%自然由来成分
  • パール配合でツヤ感アップ
  • ベージュカラーで下地にもOK
  • ナチュラルメイクにも◎
  • SPF33 PA+++

PA+++で、UVA対策の効果は抜群

ベージュの色付きなので、日焼け止めでありながら下地としても使える1本。

少量でスルスル伸びるので、日焼け止めということを忘れてしまいそうになるほど。

ただ、カバー力はそれほど高くないので、しっかり隠したい人はコンシーラーなども合わせてください。

匂いも強すぎず、さりげなくいい香りなところが好きです。

【No.6】サンスクリーン®オンフェイスモイスト(ORBIS)

オルビスサンスクリーン(R)オンフェイスモイスト
サンスクリーン®オンフェイスモイストのポイント
  • 環境へのやさしさ★★(※本サイト独自基準による)
  • 1,000円で買えるプチプラ価格
  • 少量でよく伸びるのでコスパ抜群
  • ワントーン明るくなる
  • 近赤外線や大気中の有害物質から肌を守る
  • SPF34 PA+++

1,000円ほどで買えて、よく伸びるのでコスパ抜群の日焼け止め

肌がぱっと明るく見えたり、光による老化や有害物質からのダメージから守ってくれたりと、実力もばっちり!

これが1,000円で買えることに驚きでした。

普段使いにとてもおすすめです。

Ben
Ben

さすがオルビスさん!という感じですね

ただ、私は肌のコンディションによって赤みが出ることがあり残念でしたが、肌に合うなら気に入る方が多いんじゃないかなぁと思います。

さらにこちらの記事でも詳しく紹介しています。

【メイク直し①】ウェアルーパウダールーセント(HANAオーガニック)

ウェアルーパウダールーセントのポイント
  • 環境へのやさしさ★★(※本サイト独自基準による)
  • ワントーン明るくなる
  • ふわっとさらさらな肌
  • プレストタイプ・ミラー付き
  • リフィルあり
  • SPF20 PA+
Ben
Ben

私は今はこれを使っているよ

在宅で仕事をしているため、普段は日焼け止めのうえにウェアルーパウダールーセントをブラシでつけています。

ブラシでつけているのでふわっとした仕上がりで、肌触りはさらさら。ツヤ感はありません。

使っていて乾燥する感じはなく、汎用性が高く使いやすいところがお気に入り。

Ben
Ben

アイメイク前にアイホールにしっかりつけるのもおすすめ

朝つけて昼ころにティッシュオフは必要。

皮脂がでやすい部分(鼻の周りなど)は付け直ししたほうが良いです。

ウェアルーUVベース同様、お肌にやさしい成分でできているので安心感がある商品のひとつです。

【メイク直し②】ミネラルシルキーベール(ETVOS)

ミネラルシルキーベールのポイント
  • 環境へのやさしさ★★(※本サイト独自基準による)
  • さらさらマット肌に
  • プレストタイプ・ミラー付き
  • リフィルあり
  • SPF20 PA++

すこしカバー力があるので、下地や日焼け止めでカバーしてから使うと、肌を均一に見せてくれます。

毛穴を隠して透明感もアップしてくれるところが人気の仕上げパウダー。

マットな仕上がりが好きな方はこちらがおすすめです。

Ben
Ben

気になる日焼け止めはありましたか?

ぜひ試してみてくださいね♪

【4つのPoint】春の日焼け止めの選び方

先ほど日焼け止めはPAに注目すること、とお伝えしましたが、その他にもこの4つのポイントを意識して選ぶことをおすすめします。

Ben
Ben

季節に合った日焼け止めをチョイスしましょ

【Point1】肌の刺激になる成分は入っていない?

肌の刺激になりやすいアルコールや合成香料、パラベン、鉱物油などが入っていないものを選びましょう。

日本人の肌は、季節の変わり目に敏感になる人が多い傾向にあるそうです。

冬から春〜春のゆらぎやすい季節は、肌も敏感になりやすいので、肌につけるものはなるべく低刺激なものを選ぶのがおすすめ。

【Point2】保湿力があるタイプが◎

すこやかな肌のために保湿は欠かせません。

日焼け止めでもしっかりうるおいを感じるタイプにするか、日焼け止め美容液を使ってみてくださいね。

【Point3】色ありタイプは肌色に合ってる?

肌の負担を避けてノーファンデメイクをしたい場合、BBクリームやCCクリームなど肌の色に合っていますか?

ノーファンデメイクの特徴は、素肌感やナチュラル感。

違和感のない肌に仕上がるように、使うものの色味はテスターやサンプルでお試ししてみてくださいね。

【Point4】洗顔料だけでオフできる?

洗いすぎは肌のバリア機能が低下する大きな原因です。

洗顔料だけでオフできるものか、クレンジングを肌にやさしいタイプに変えるのもあり。

注意が必要なのは、ポイントメイクはクレンジングが必要なものを使っている場合。

コスメすべてを洗顔料だけで落とせるものに揃えるといいですが、切り替えるのにもお金がかかってしまいますよね。

クレンジングが必要な部分は、専用リムーバーを使ってやさしく落としてください。

Ben
Ben

落ちにくいマスカラを使っている場合、クレンジングは必須

Ben
Ben

マスカラ型の専用リムーバーで、マスカラだけするっと落とせるアイテムも!

3月以降まだ肌寒いときもありますが、春は紫外線がどんどん強くなっていく時期。

紫外線の指標につかわれる「UVインデックス」で2023年の東京のデータをみてみると、4月から急激に数値が高くなり、9月と同じ数値になっています。

気象条件によっては真夏と変わらない紫外線量の日があることも。

Ben
Ben

天気予報アプリでは紫外線予報もあるので活用してね

まだ紫外線に体や肌が慣れていないときに、紫外線を浴びるとトラブルが起こりやすくなります。

また、エアコンの影響や黄砂の飛来、強風、花粉……春は肌への負担は意外と多い。

暖かくなってお花見などお出かけする機会が増えるかもしれませんが、紫外線対策はばっちりしてからお出かけしましょう。

Ben
Ben

日焼け止めが肌を甘やかす、なんてことはないです

Ben
Ben

老化の原因は光です!

また、忘れてはいけないのは、『紫外線対策は合せ技』という合言葉。

いろんな紫外線対策グッズを活用して、春を楽しみましょう♪