【タイ旅行必須】日焼け止めのおすすめ7選!禁止になった成分も解説

タイで禁止の日焼け止めとおすすめの日焼け止め 日焼止めの基本

本記事は広告が含まれています

タイ旅行する前に知っておいてほしい!

タイでは2021年から指定成分を含む日焼け止めが持込・使用禁止になりました。

どんな日焼け止めならOKなの?

日本で買えるものでおすすめは?

数ある日焼け止めの中からどれを選べばいいの?とお悩みの方に向けて、タイ旅行に持っていきたい、おすすめの日焼け止めを7つご紹介します。

Ben
Ben

全部わたしが試しました!

こんな方はぜひご一読ください。

この記事はこんな人におすすめ
  • タイ旅行の予定がある
  • タイでマリンスポーツやビーチで遊んだり、アクティブに活動したい
  • 日本で買える、海にも肌にもやさしい日焼け止めを知りたい
  • 自然にやさしい旅行がしたい

また、この記事でご紹介する日焼け止めは、下記のルールで選出しました。

紹介する日焼け止めについて
  • 高温多湿なタイで便利・キレイをキープするもの
  • タイの日焼け止めの法律を守るもの
  • すべて私が試したものだけご紹介

南国タイで日焼け止めは必須アイテム

タイへ旅するまえの準備に、日焼け止め選びの参考にしていただければ幸いです。

\ Best BUY はこれ /
顔・からだ用 (無香料)
¥3,924 (2024/03/25 11:28時点 | Amazon調べ)
この記事を書いた人

地球と肌にやさしい日焼け止め研究家:Ben(べん)

  • 海・離島・自然・ダイビングが好き
  • 毎月新しい日焼け止めを試してます。成分について勉強中!
  • オリジナル日焼け止めを作るのが夢

【日本で購入OK】タイで使える、おすすめの日焼け止め7選

タイで使う日焼け止めを選ぶときは、タイの日焼け止めの法律を守っていることは必須。

プラス、当サイト独自の環境負荷レベルをもとに、★4から★2までの日焼け止めをおすすめ順にご紹介いたします。

環境負荷レベルの説明

ちなみに★2でタイの日焼け止め法律と同等になります。

Ben
Ben

厳しめに基準をつくっています〜

独自環境負荷レベルについては、こちらの記事で解説しています。興味がある方はぜひご覧くださいね。

【★4】UV スキンプロテクトミルク [いちばんオススメ]

UVスキンプロテクトミルクは、当サイトの独自基準により★4
UVスキンプロテクトミルク
ブランドモアニオーガニクス
定価(税込)4,070円(81.4円/1g)
容量50g
SPF・PASPF50+ PA++++
紫外線吸収剤不使用
紫外線散乱剤酸化亜鉛(ノンナノ)
特徴ECOCERTを取得済
推しポイント
  • ECOCERT認証で安心オーガニック
  • ナノ成分不使用で環境にも◎
  • ウォータープルーフだから海もOK
  • ヴィーガン対応
いまいちポイント
  • 価格が高め
  • テカりやすい
  • 素材の匂いが気になる人もいるかも

世界最大規模のオーガニック認証機関である、ECOCERT(エコサート)を取得済み。

日本では残念ながら曖昧なオーガニックコスメが多いのが現状なのですが、

UVスキンプロテクトミルクは、安心できる本物のオーガニックを使いたい方におすすめしたい1本。

人にとっての使いやすさと、環境へのやさしさの両方をかねそろえた優秀な日焼け止めだと思います。

Ben
Ben

私ももちろんお気に入り

Ben
Ben

個人的にいちばんおすすめしたい商品です

また、余ってしまってもブルーライトカット効果があるので、帰国後も化粧下地として使えるところがポイント高い!

美容効果があるこの4つの植物オイル

  • ホホバオイル
  • ココナッツオイル
  • アーモンドオイル
  • アボカドオイル

が贅沢に入っていて、日焼けによる肌の乾燥からも守ってくれます。

Ben
Ben

日焼け止めの乾燥する嫌なかんじはありません

さらに詳しいレビューはこちらからお読みいただけます。

顔・からだ用 (無香料)
¥3,924 (2024/03/25 11:28時点 | Amazon調べ)

▲目次に戻る

【★4】サンスクリーンバターspf50+

オールグッドサンスクリーンバターは、当サイトの独自基準により★4
サンスクリーンバター
ブランドALL good
価格(税込)2,145円(76.61円/1g)
容量28g
SPF・PABroad Spectrum SPF50
PA記載なし
紫外線吸収剤不使用
紫外線散乱剤酸化亜鉛(ノンナノ)
特徴全成分6種類のみ
推しポイント
  • 成分6つのみのシンプルな日焼け止め
  • ナノ成分不使用で環境にGood
  • 生物分解性だから安心
  • コンパクトで荷物になりにくい
いまいちポイント
  • 爪の間に入りやすい
  • 白浮きが気になる人がいるかも
  • 缶のまわりがべとつきやすい

こちらはアメリカブランドの日焼け止めですが、ネットやサーフショップなどで購入することができます。

Ben
Ben

アメリカの日焼け止めにはPAの表記がありません

Ben
Ben

Broad Spectrumという表記でUVAとUVBどちらもカバーしていることを表しているよ

いちばんの特徴は、何といっても全成分6つのみというシンプルさではないでしょうか。

特に刺激になりやすい成分は入っていないので、肌が弱い人や子どもでもOK。

全成分についてはこちらで解説しました。

また、化学成分が一切入っていないため、生分解性があり環境への負荷が少ないところも良き。

生分解性とは微生物の働きによって、物質が分解され自然に還ること

コンパクトな缶に入っているバームタイプなので、カバンやポーチに入れて持ち運びしやすいのも旅行ではありがたかったです。

\ベージュカラーもあるよ/

▲目次に戻る

【★4】サンゴに優しい日焼け止め

サンゴに優しい日焼け止めは、当サイトの独自基準により★4
サンゴに優しい日焼け止め
ブランドCORALILY
定価(税込)3,273円(81.82円/1g)
容量40g
SPF・PASPF50+ PA++++
紫外線吸収剤不使用
紫外線散乱剤酸化亜鉛(ノンナノ)
特徴全成分10種類のみ
推しポイント
  • 全成分10種のみシンプル日焼け止め
  • ナノ成分不使用で環境にもやさしい
  • 日焼け止めとは思えない香りに癒やされる
  • 意外とベタつかず使いやすい
いまいちポイント
  • 爪の間に入りやすい
  • 白浮きが気になる人がいるかも
  • 缶のまわりがべとつきやすい
  • セイヨウハッカ、ユーカリが刺激になりやすい

こちらも全成分10種のみで、合成成分は一切不使用!

全成分についてはこちらで解説しています。

日焼け止めとは思えない、自然で爽やかな香りがとても好き。

Ben
Ben

暑くて湿度が高いタイでも爽やかな気分になれそう♪

また、バームタイプはベタベタするのでは?と思って避けている人もいるかもしれません。

サンゴに優しい日焼け止めは、ベタつきが少なく塗るとしっとりした感じで、意外と使いやすいのです。

ひとつ注意点が。

セイヨウハッカ油(ペパーミント)ユーカリが入っていますが、この2つは刺激になりやすいもの。

私の意見は、肌が弱い人や小さなお子さんは使用を避けたほうが良いです。

心配な方は使う前に、必ずパッチテストを行ってくださいね。

▲目次に戻る

【★3】feel coral サンプロテクトミルク

feel coral サンプロテクトミルク
ブランドハリウッド
定価(税込)4,180円(87.08円/1g)
容量48ml
SPF・PASPF43 PA+++
紫外線吸収剤不使用
紫外線散乱剤酸化チタン・酸化亜鉛
特徴ツヤ感アップ
推しポイント
  • クマやシミをやさしくカバーしてくれる
  • 明るいベージュカラーで肌色を整える
  • ナノ成分不使用で環境にもやさしい
  • 撥水性もOK
いまいちポイント
  • クレンジングによるオフは必要
  • シリコーンが多く環境下では分解されない

化粧品業界の老舗、ハリウッドからサンゴにやさしい日焼け止めが発売。

ベージュの色付きなので顔への仕様がメインになりますが、気になる部分をカバーしてくれるのでこれ1本でも十分きれいな肌になってくれます。

Ben
Ben

ノーファンデメイクにぴったり!

ツヤ感も出るのでファンデいらず。

メイク時間が短縮できて、荷物も減らせるので旅行に持っていくと便利です。

シリコーン成分が多く含まれているので汗など水分に強く、蒸し暑いタイでもメイク崩れを気にせずOK

水への強さについて、こちらの記事で実験しています。

よかったらご覧くださいね。

▲目次に戻る

【★2】スキンケアUVクリーム クールコンフォート

スキンケアUVクリーム
クールコンフォート
ブランドONLY MINERALS
定価(税込)3,520円(140.8円/1g)
容量25g
SPF・PASPF50 PA++++
紫外線吸収剤不使用
紫外線散乱剤酸化亜鉛
酸化チタン
特徴汗に反応して清涼感を与える
推しポイント
  • 汗や水分に反応してひんやり感を得られる
  • 高温多湿の不快感を軽くできる
  • 清涼感は意外と長続きする
  • ツヤ感のある肌になれる
いまいちポイント
  • コスパは良くないかも
  • カバー力はあまり期待できない

オンリーミネラルの春夏限定商品で、毎年販売しているクールコンフォートシリーズ。

いちばんの特徴は、汗に反応して清涼感が出るというところ。

Ben
Ben

付けた瞬間から清涼感を感じます

私も最初は半信半疑でしたが、本当にひんやり感が持続したので、これは汗をかく時期には助かるアイテムだと確信しました。

実験ではひんやり感は約4時間。そのときの様子はこちらの記事にまとめてあります。

Ben
Ben

数量限定商品なので、気になる方はお早めに!

▲目次に戻る

【★2】ミネラルCCクリーム

ミネラルCCクリーム
ブランドVINTORTE
定価(税込)3,740円(124.66円/1g)
容量30g
SPF・PASPF50+ PA++++
紫外線吸収剤不使用
紫外線散乱剤酸化亜鉛
酸化チタン
特徴多機能CCクリーム
推しポイント
  • 1本5役で美肌に見せる
  • 肌に密着してヨレにくさもOK
  • 敏感肌にやさしいので毎日使える
  • カバー力あり、自然な仕上がりが良い
  • ツヤ感のある肌になれる
いまいちポイント
  • コスパはそこまで良くない
  • 洗顔料でオフできない

敏感肌を考えたVINTORTE(ヴァントルテ)のミネラルCCクリーム。

明るいベージュカラーで固さがあるクリームですが、肌にしっかり密着して汗をかいてもヨレることがほとんどないです。

Ben
Ben

固さと塗りやすさのバランスが絶妙

CCクリームは一般的にカバー力がないと言われがちですが、このミネラルCCクリームは特に毛穴を良くカバーしてくれると感じました。

肌トラブルが少ないときは、これ1本でも十分いい感じの肌に見えます。

Ben
Ben

自分の肌色に近かったこともあり、違和感なく素肌っぽさを出せました

荷物を少しでも減らしたいとき、VINTORTEのミネラルCCクリームはぴったり。

1日使ってみた肌のビフォーアフターはこちらの記事でご紹介しています。

▲目次に戻る

【★2】プロテクションUVプラスミルク

プロテクションUVプラスは、当サイトの独自基準により★2
プロテクションUVプラスミルク
ブランドコパトーン
価格(税込)
※オープン価格
1,073円(26.82円/1ml)
※Amazonでの価格
容量40ml
SPF・PASPF50+ PA++++
紫外線吸収剤不使用
紫外線散乱剤酸化亜鉛
酸化チタン
特徴サラサラのテクスチャ
推しポイント
  • サラサラで広範囲に塗り広げやすい
  • コスパ良し
  • ほぼ白浮きなし
  • 無臭!においストレスなし
いまいちポイント
  • うるおいはそこまで感じない
  • トーンアップもあまりなし
  • サラサラなのでこぼしやすい

コパトーンからも紫外線吸収剤不使用の、サンゴにやさしい日焼け止めが販売中!

いちばん好きなポイントは、テクスチャがサラサラなところ。

ビーチでも全身にサクッと塗れて便利です。

Ben
Ben

汗や海水でベタつきやすい肌にも使いやすいと思いました

他の機能とかはいいから、とにかく焼けたくないんだ!ガンガン使いたい!という方にはぜひ一度お試ししてほしい日焼け止めです。

さらにこちらの記事でも詳しくレビューしました。

▲目次に戻る

タイでは2021年8月4日から指定の化学成分を使用した日焼け止めの持込・使用が禁止になりました。

禁止内容

タイ国内にある国立公園で、指定成分が入った日焼け止めの持込・使用が禁止。違反した場合は罰金10万バーツ以下が科せられる。

※10万バーツ=日本円で約42万円(2024年4月現在のレート換算)

引用:タイ国政府観光庁公式ページ

Ben
Ben

高額の罰金にビックリ!

タイ全土でNGということではなく、国立公園での使用が対象となります。

あなたが訪れる予定の場所が、国立公園が事前にチェックしてくださいね。

国立公園はこちらをご確認ください。

また、指定の化学成分とはこちらの4つです。

4つの指定化学物質
  1. オキシベンゾン
  2. オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)
  3. 4-メチルベンジリデンカンファー(エンザカメン)
  4. ブチルパラベン

赤文字紫外線吸収剤。日本では2.オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)がよく使われている

ブチルパラベン:一般的な防腐剤。成分表にはパラベンとだけ記載されることもある

最近よく見るようになった紫外線吸収剤については、こちらの記事で詳しく解説しています。

▲目次に戻る

タイでは国をあげて、持続可能な観光(サスティナブルツーリズム)に取り組んでいます。

持続可能な観光(サスティナブルツーリズム)

観光客を迎え入れる人や地域だけでなく、旅行を手配する会社や観光する人も含めて、全員で責任を持つ観光のことをいいます。

自然環境だけでなく、経済・文化や伝統・社会すべてを持続的に保つことが目的です。

私が個人的に素晴らしいなと感じた「責任ある観光を実現するための8つの心得」という項目をご紹介します。

責任ある観光を実現するための8つの心得
  1. 社会、経済、環境への悪影響をなるべく最小化すること
  2. 地域コミュニティの文化、環境、経済を向上させること
  3. 地元の自然環境と地元文化を優先すること
  4. 自然、文化、伝統的な習慣を通して有意義な経験を与えること
  5. それぞれが責任ある観光を後押しすること
  6. 観光者の安全を確保すること
  7. 住民と観光客に良い環境を作ること
  8. 責任ある観光を実現する意識を高めること

引用:タイ国政府観光庁公式ページ

Ben
Ben

タイって素敵な国だなと思いませんか?

寺院や屋台、本場のタイ料理…タイは見どころがたくさんある国。

実は国立公園が157ヶ所(2019年現在)もあり、ユネスコ世界遺産の候補にあがっている国立公園も数多く、自然が豊かな国でもあるのです。

自然を守ることは、その地に住む人々を守るということ。

タイで日焼け止めの法律ができた理由は、自然と人の共存共栄のための最善策だと私は考えています。

Ben
Ben

自然環境と国民の暮らしを考えた内容になっています

日本でももっと広まってほしいね

▲目次に戻る

タイでは2021年8月4日から国立公園内で指定の化学成分を使用した日焼け止めの持込・使用が禁止になりました。

そこで私がおすすめしたい、タイ旅行に持っていきたい日焼け止めはこちら。

顔・からだ用 (無香料)
¥3,924 (2024/03/25 11:28時点 | Amazon調べ)

ECOCERT(エコサート)を取得済みのちゃんとしたオーガニック日焼け止めです。

Ben
Ben

オーガニックと認証されるまでには、原料となるものの生産から厳しいルールがあります。例えば農薬を使っていないなど。

Ben
Ben

オーガニック認証を選ぶだけで、地球にもやさしい選択をしている!ということです

また、禁止されている内容はこちら。

禁止内容

タイ国内にある国立公園で、指定の化学成分が入った日焼け止めの持込・使用が禁止。違反した場合は罰金10万バーツ以下が科せられる。

※10万バーツ=日本円で約42万円(2024年4月現在のレート換算)

引用:タイ国政府観光庁公式ページ

指定の化学成分とはこちらの4つ。主に紫外線吸収剤となります。

4つの指定化学物質
  1. オキシベンゾン
  2. オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)
  3. 4-メチルベンジリデンカンファー(エンザカメン)
  4. ブチルパラベン

赤文字紫外線吸収剤。日本では2.オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)がよく使われている

タイでは国をあげて持続可能な観光(サスティナブルツーリズム)に取り組んでいます。

迎え入れる側の意識がとても高い国という印象を受けました。

Ben
Ben

一方、観光客として訪れる側の私たちは、タイの人々が住む場所にお邪魔する立場です

現地の人たちの文化や日常生活だけでなく、すべての生き物が住む環境を守るために、観光客ができる環境保護活動をしていきたいですね。